未経験の私がコーダーに!ママでも好きな仕事を諦めない 【オンラインWeb制作講座体験レポ】

新型コロナの影響で、在宅ワークやオンライン講座がさらに注目されるようになりましたね。


自粛期間中にオンライン講座デビューした人も多いと思います。


中でも今、 Webページを制作する「コーダー」というお仕事をするために、勉強を始める人が増えてきています。


この記事では、全くの未経験だった私が、注目の「Web制作講座」でコーダーとしてスキルを身につけ、在宅で活動するに至った経験をお伝えします。

子どもとの時間×仕事のバランスを考え続けて

長女が小学校へ入学し、次女が幼稚園に入園した1年前の春、午前中に何年かぶりの自由時間ができました。


子連れでは行けなかったマッサージや美容室に行き、ゆっくり洋服を見て回ったり、ネイルを楽しんでみたり、カフェ巡りをしてランチを楽しみコーヒーを飲み、幼稚園のお迎えまでひとり時間を満喫するように。


しかし、そんな日々に充実感を感じられていたのも束の間。1週間も経つと、なんだか物足りなさを感じるようになったのです 。


気づけば在宅ワークの求人を探したり、資格取得ができる講座を探したりしている自分が。羽を伸ばすことよりも働きたいという思いがあったのだと思います。


夏になり、社会と繋がりたい、もっと充実した日々を送りたいという思いが少しずつ大きくなり始めました。


次女を妊娠中に、在宅でできる通信教育の添削業務を始めたのですが 、その仕事にも慣れてきて、在宅でできるお仕事を増やしたいと思っていたところでした。


私が在宅ワークにこだわるのは子どもからの一言がきっかけでした。

外に働きに出ていた頃、当時2才の長女から「寂しいから、お仕事に行かないで」と言われ、まだつたない言葉でしたが、しっかりと私の目を見て思いを伝えてきたのです。

ごめんねと抱きしめたあの日のことを思い出すと、今でも胸が締め付けられます。


それから、 仕事と家庭のバランスを考え直さなければと思い始め、次女出産と夫の転勤が重なったタイミングで退職しました。


子どもとの時間は本当に大切ですが、ママだからという理由で仕事を諦めて、やりたいこともできないという状態が私を苦しめていました。

「Web制作講座」の文字を誌面で発見!

そして子ども達が入園・入学してから半年ほど経った秋、偶然手に取ったリトル・ママの誌面で「Web制作講座 受講生募集中」の文字を見つけ、すぐに問い合わせをしました。

HTML ? CSS ? 聞いたことはあるけど、一体なに?私にもできるかな?


なにもわからなかったのに、とにかくワクワクしました。教室に通わずにオンラインで学ぶことができ、さらに録画受講もできることが魅力的でした。


社会と繋がりたいし、子どもとの時間もたくさん取りたい!絶対に在宅でのお仕事に繋げられるように頑張ろう!と心に決めて受講しました。

コードを書くことって楽しい!

「Web制作講座」の受講を開始した冬。それはとても充実した日々の始まりでした。


講座は週1回、午前中2時間の授業です。講座初日、慣れない Zoomを繋ぎ、自己紹介では「講座についていけるか不

安です」と話しました。未経験の分野に飛び込むことは勇気のいることでした。


「コーディング」というと、最初はなんだか難しそう という思いも強かったですが、 初心者にも丁寧な解説で分かりやすく教えてくれたので、全くの初心者だった私も問題なく授業についていくことができました。私が抱いていた「不安」な気持ちはすぐになくなりました。


それどころか、春から夫が単身赴任となっており、大人と会話をする機会が極端に減っていた私にとっては、講師や受講生とコミュニケーションを取れたことで、孤独感からも救われたように感じていました。


毎回の受講後は、講座内容の録画を何度も見直し、たくさん調べて、課題に取り組むように。自分の書いたコードによって少しづつWebページが形になっていく過程に感動しました。

また、講師は実際にコーダーとして活躍している方なので、受講後のことも見据えて、実務でよく使う技術やツールやなどもレクチャーしてくれました。


計5回に渡るの授業の中で、コーディングの基礎から教わることができ、講座を終えるころには立派なWebページが作れるように!

コーディングを仕事にしたいと思うように

HTMLやCSSは、クリスマスツリーにたとえるとわかりやすいとよく聞きます。


HTMLはもみの木で、CSSはその木に装飾をするものです。装飾をするとき、楽しくてできあがりがワクワクしますよね。

コーディングも同じで、とにかく楽しいです。


難しいと感じたときは、Slackという チャットツールを使っていつでも講師に質問できるので、疑問点を残すことなく次週の講座に望むことができます。


講座で習った内容を子どもたちに自慢げに披露すると、「ママ、最近パソコンするとき楽しそうだね、頑張ってね」と声をかけくれていました。


この言葉が私の中では大きく、コーディングについてもっと深く知り、これを仕事にしたいと強く思うようになりました。 


リトル・ママビジネススクールにはWeb制作講座中級編もあります。


私が受講した時は初級編と中級編が同じ講師で、一貫性のある講座内容だと分かりやすいと思ったこと、なにより私自身が「コードを書くことが楽しい、もっと知りたい」と思えたことで、中級編を続けて受講するに至りました!

Web制作講座を卒業して初案件を獲得!

そして、 今年の春。中級編を卒業後、早速コーダーとして走り出しました。

リトル・ママのWeb制作講座で学んだスキルで初案件を獲得!とっても嬉しかったです。


私がコーディングを担当し、実際に公開されているWebページを子どもに見せると、「ママってすごいね」と言ってくれます。


いつまでも子どもにとって、すごいママでいたいのかもしれません。だから毎日頑張れているのかもしれません。

大切な子どものそばで、大好きなお仕事ができ、毎日が充実しています。


しかし、まだまだ走り出したばかり。 現状に満足することなく、できる限り毎日コードに触れるようにしています。


スキルアップのために1週間ごとに自分でテーマを決めて、コーディングの勉強もするようにしています。


コツコツと学習を積み重ねた結果、勉強を始めた頃に比べると格段にコーディン

グスピードはあがりました。


コーディングだけではなく、お仕事で幅広く対応できるようになりたいので、デザインやWordPressの勉強も少しづつ始めています。

最後に

勇気を出して一歩踏み出し、オンライン講座に参加したことで、私の日常は大きく変わりました。


もう子どもたちから 「寂しいから、お仕事に行かないで」と言われることもありません。そして好きな仕事をママだから諦める必要もなくなったのです。


仕事と家庭のバランスが崩れないように、子どもの笑顔に支えられながら、今日もママは頑張ります。

(Webコーダー 城戸 愛)

\子育て経験を”キャリア”にしよう/

今月のプレゼント

★アンケート回答でプレゼントに応募できる!

応募締切:2020/11/9

今月のプレゼント

関連記事

今月のプレゼント

★アンケート回答でプレゼントに応募できる!

応募締切:2020/9/14

今月のプレゼント

リトル・ママ首都圏版

★首都圏を中心に幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ東海版

★東海エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ関西版

★関西エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ九州版

★九州エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!

リトル・ママ北九州版

★北九州エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)
ページ上部へ戻る

カテゴリー一覧