img src=”itadakimasutogochisousamanohanasi.jpg” alt=”いただきますとごちそうさまの話”

楽しい食事の壁となる子どもの「好き嫌い」。
ママ達はどう考えたらいいのか、保育園などを運営する株式会社グローバルキッズの本部給食サポートグループの保育士、栄養士の先生方に話を伺いました。

「嫌いなもの」は別の食材で代用

 「好き嫌いせず、残さず食べなさい」と教えられて育ち、自分の子どもにも同じように教えるママは少なくないはず。でも今は考え方が少し変わってきているようです。

 保育士の畑中朋子さんは「今は好き嫌いしないで食べることよりも“食を楽しむこと”が重視されています」と話します。嫌いなものも食べないと『栄養が偏ったり、食べられないままになるのでは』と思うママもいますが、ちょっと視点を変えると良いそうです。

 「食べない分の栄養素は別のものから摂るというのが、近年主流の考え方です。嫌いなものを無理に食べさせられるのは、子どもにとって苦痛なこと。だから無理強いする必要はありません。それに今は苦手でも、成長していく中で好みや興味が変わったり、何かのきっかけで食べられるようになったりすることもあります」(畑中さん)。

苦手なものも食卓に登場させて、食べるチャンスを

ひと工夫して食卓に登場を

 「たとえ食べなくても、苦手なものを食卓に登場させることは大切」と話すのは栄養士の吉田貴子さん。「目の前に出てこなければ、食べるチャンスもなくなってしまいます。そして、苦手なものにこそ、小さなひと工夫が大切」なんだそう。

 「例えばにんじんが苦手だったら、型抜きを使って星型にしてみる。見た目を変えてみるだけでも、子どもは大喜びしてくれますよ」(吉田さん)。

 また、小盛にするだけでも子どもの反応は違うようです。

 「多く盛られていると、それだけで食べづらいという子は少なくありません。食べやすそうな量にして『食べられた!』という自信を得られることは、成功体験にもなります」(吉田さん)。

 そのほか、野菜を育てたり、お料理を一緒に作ったりして、食卓に上がるまでの過程を知ることも、子どもの楽しみを引きだします。「自分で作った」という気持ちは、苦手なものに興味を抱くきっかけになります。

 ごはんをなかなか食べなくても、嫌いなものがあっても、子どもの食へのまなざしをゆっくり見守ってあげたいものです。

  • 視覚で興味を引く!
    型抜きなどを使ってお料理をちょっと一工夫。 
  • 大人の「美味しい~!」
    「おいしいね」を共有し楽しい雰囲気の食事時間を。 
  • 野菜を育ててみよう! 
    自分で育てたもの、作ったものに子どもは興味津々。
  • お手伝いで大ハリキリ 
    食器並べなどのお手伝いで「自分も参加」とやる気に。     

可愛いピックや先を折った爪楊枝を使って、切ったウインナーや野菜を刺してもらいます。「パパとママの分も作ってね」とお願いするだけで子どもは大ハリキリ。

「ありがとう、おいしいね」とママに声をかけてもらったら大喜び!楽しい食事につながります。

食器を並べてもらうなど、小さなお手伝いを頼んでみるのも◎。

お話を伺ったのは/

株式会社グローバルキッズ 
本部給食サポートグループの保育士・畑中朋子さんと栄養士・吉田貴子さん

(取材・文/リトル・ママ編集部 料理写真提供/株式会社グローバルキッズ)

 

関連記事

リトル・ママ全国版

★全国の幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ福岡版

★九州エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!

リトル・ママ関西版

★関西エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!

リトル・ママ北九州版

★北九州エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!

今月のプレゼント

★アンケート回答でプレゼントに応募できる!

応募締切:2019/9/16

今月のプレゼント

ページ上部へ戻る