お誘いは自由参加。「行く」と言ったのに来ないのもOK!カナダのママ友事情

カナダ在住のライターが送る、現地からの子育てレポ第4回。

子どもが生まれると新たにできる交友関係「ママ友」。
日本ではその関係性を煩わしく思っている人も少なくないようですが、カナダでのママ友事情はどうなのでしょうか。

海外のママ友はドライな関係!

 海外でカナダ人ママと付き合って感じたことは、ママ同士の関係があっさりしているなということでした。ママ友って保育園や教育、習いごとといったことについて相談し合うものなのかなと思っていたのですが、カナダのママとはそういう話題で盛り上がることはあまりなく、他愛もない話がほとんどです。子どもに関することは家庭内で決定していて「うちはうち」といった感じで何をするにもパッと決めている人が多い印象です。


 また子ども同士が仲良く、一緒に遊びに行こうという話になっても「どこへいく?何をする?」と相談するよりは、「うちの子は絵が好きだから、これに行くけどどう?」というような誘い方をします。主体的でおもしろいなと感じています。

一定の距離感を保っているものの、相談すれば親切に教えてもらえ、心地いい関係なのがカナダのママ友

会社の同僚のような距離感

 グループで一緒に行動することもなく、行きたい人は募るけれども、好きな時間に現地集合、解散がほとんど。行くと言ったのに来ないのもOK(笑)。こちらも気楽に行動することができます。とはいえ、何かを相談すれば親切に教えてくれたりもするので、心強い存在でもあるのです。


 ママ友との関わりは一過性のものだと、カナダのママは割り切っているのかもしれません。稀に波長が合って仲良くなる人もいますが、会社の同僚のように、程よい距離感でママ友と付き合うといった雰囲気です。今はそれがなかなか心地いいなと感じています。

佐々木理名(編集ライター・コラムニスト)

海外生活もすでに10年。日本とのギャップに翻弄されつつも、幼稚園児の子育てに奮闘中。今後は親や子どものカナダ留学の現地サポートもしていきたいと考えている。

Twitter:@Sasaki_remote 

HP:https://sasaki.themedia.jp/

今月のプレゼント

★アンケート回答でプレゼントに応募できる!

応募締切:2020/11/9

今月のプレゼント

関連記事

今月のプレゼント

★アンケート回答でプレゼントに応募できる!

応募締切:2020/11/9

今月のプレゼント

リトル・ママ首都圏版

★首都圏を中心に幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ東海版

★東海エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ関西版

★関西エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ九州版

★九州エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!

リトル・ママ北九州版

★北九州エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)
ページ上部へ戻る

カテゴリー一覧