2,000円の西松屋ギフト券が当たる無料プレゼントキャンペーン開催中!

おむつ替えは有料!スペインの幼児園事情【スペイン子育てレポートvol.7】

マドリード在住歴20年。夫、9才長男、7才次男の家族4人でスペインに暮らすNenaさんが送る現地からの子育てレポート第7回。

 

スペインの幼稚園ってどんな感じ?今回はスペインの幼稚園事情についてレポートしてもらいます。

スペイン人の先生は情熱的!

スペインにも日本と同様、保育園と幼稚園があります。今回は幼稚園のことをお伝えします。

 

幼稚園は3年間で、9月入園。翌年6月までが1学年となります。入園するのは3才児なので、9月以降に生まれた児童は2才で通うことになります。

 

幼稚園の授業内容はかなりざっくりしていて、英語、パソコン、美術、宗教、体育などは外部の専門の先生が指導、それ以外は担任の先生に任されています。小学校に上がるまでに「読み書き計算」ができるように指導され、日本より勉強はかなり難しいと思います。特に算数は、日本の小1よりもかなり高度です。

オムツ替えはなんと有料!

9月以降生まれの児童は3才前に入園なので「オムツ問題」があります。

 

本来は入園までにオムツが取れて、1人でトイレに行けなくてはなりませんが、まだ2才の子には結構厳しい課題!失敗すると、有料でオムツを替えてくれるんですが、その金額、うちの幼稚園は年間240ユーロ(約3万円)!途中でオムツが取れ、サービスが不要になっても240ユーロは戻ってきません。オムツ替えで年間3万円って高くないですか?


払わない場合は、失敗すると園から「オムツを替えに来てください」と電話があり、親が行くまで濡れたまま放置されるんです!

ランチは給食か家で食べるかを選べる!

公園に遠足!

幼稚園の給食は有料で、幼稚園で食べるか昼休みに家に帰って食べるか、どちらか選べます。


学期中に何回か遠足がありますが、給食をとっている児童はボカディージョという生ハムやチーズを挟んだシンプルなバゲットサンド、果物、水の入ったランチボックスを渡され、普段家で食べている児童はお弁当を持参します。

これがボカディージョ。生ハム入り!

そして卒園式は、大学の卒業式みたいな感じ。日本みたいにかっちりと式はやらないけれど感動します。
親たちは、我が子の成長ぶりにうるうる、そこは日本と同じですね!

卒園式の様子

Nenaさん

英国留学中に知り合ったスペイン人の彼と結婚、マドリード在住歴20年。9才、7才男の子のママ

関連記事

毎月当たるプレゼント

★アンケート回答でプレゼントに応募できる!

応募締切:2021/10/13

プレゼント一覧はこちら

リトル・ママ首都圏版

★首都圏を中心に幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ東海版

★東海エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ関西版

★関西エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ九州版

★九州エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!

リトル・ママ北九州版

★北九州エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)
ページ上部へ戻る

カテゴリー一覧