離乳食は生後5ヵ月からはじめていい?離乳食の量や進め方など紹介!

生後5ヵ月になったけれど、そろそろ離乳食を始めてもいいの?

成長のスピードが早い中、離乳食を始める時期や進め方に戸惑うこともありますよね。

今回は3人のママである私の経験も踏まえ、これから離乳食作りをスタートするママへ、生後5ヵ月の離乳食を徹底解説します!

生後5ヵ月になったけれど離乳食を始めていい?

離乳食を始める目安は、生後5ヵ月~6ヵ月頃と言われています。

はじめの1ヵ月間は、おっぱい・ミルク以外の食べ物を飲み込む練習です。

次のポイントを参考に、赤ちゃんの体調や機嫌の良い日を選んで、あせらずスタートしましょう。

離乳食を始めてOKのサインは?

生後5ヵ月になったということより、赤ちゃんの体の準備が整っているかどうかが大切です。

個人差がありますが、主な目安として5つのポイントを挙げます。

すべて当てはまらなくても、このような様子が見られてきたら離乳食を始めても良いでしょう。

  • 首が座り、長時間でなくても手やクッションで支えれば座れる
  • 大人が食べている様子をじっと見たり、口を動かしたりする
  • 毎日の授乳回数、授乳時間、生活リズムがある程度整っている
  • 以前に比べて、唾液の量が増えている
  • スプーンを唇に当てても嫌がったり、舌で押し出そうとしない

歯の発育、口の動きは?

生後5ヵ月では、歯は生えていない赤ちゃんが多いです。

また、スプーンを唇に当てても上手に食べ物を取り込むことができません。下唇にスプーンを乗せ、上唇でスプーンを挟むような動きが見られればOK

実際に離乳食をあげるときは、唇でスプーンを挟んだときに、静かにスプーンを引き抜いてあげると、離乳食が口の中に入りやすいです。

離乳食を上げる時間、回数は?

はじめの1ヵ月間、離乳食は1日1回です。授乳タイムの1回を「離乳食+授乳」とします。

体調変化があればすぐに病院を受診できるよう、離乳食をあげるのは診察時間内に、できれば午前中が望ましいでしょう。

我が子たちのタイムスケジュールを紹介

3人の育児日記を振り返ったところ、おおよそ次のようなスケジュールで過ごしていました。

3:00  授乳
7:00  起床
8:00  離乳食+授乳
   (1〜2時間お昼寝)
12:00  授乳
        (1〜2時間お昼寝)
15:30  授乳
17:00  お風呂
18:00  授乳
20:00  授乳、就寝

もちろん、夜中1時間ごとに授乳した日もあれば、昼寝の時間や回数が乱れた日もあります。

これはスムーズに過ごせた日の一例です!無理なく赤ちゃんのペースを大切にしてあげてください。

離乳食を作るのに揃えておくべき道具は?

私は1人目の時、張り切って様々な道具が入った離乳食セットを購入しました。

しかし、実際に離乳食を作り始めて気がついたのですが、すり鉢やこし器は、洗うのもなかなか大変。

便利な道具を、あれもこれもと使用するのは考えものです。

3人目の時は、私自身がコツをつかんだこともあり、はじめの1ヵ月で使ったものは次の3つだけでした。

  • すり鉢
  • すりこぎ棒
  • ブレンダー

ブレンダーは、2人目の離乳食の後半で購入し、こんなにも便利なものがあったのかと目から鱗が落ちました。分離できて刃の部分だけを洗えるものが便利です。

ブレンダーなら、繊維のある野菜もすぐにとろとろになります。

月齢が進み、食べる量が増えてからは、ストック作りにも役立ちました

またバナナジュースやポタージュを作るなど、離乳食が終わってからも活躍の場があります。

実際に離乳食作りを始めて、すりつぶす作業に疲れた時には、一度検討してみてはいかがでしょうか。

生後5ヵ月の赤ちゃんの成長の目安は?

離乳食と授乳のバランスは?

生後5ヵ月の赤ちゃんの栄養は、ほとんどがおっぱい・ミルクからと考えて大丈夫です。授乳90%、離乳食10%といったイメージ。

離乳食を先にあげてから、おっぱいは欲しがるだけ、ミルクは1日5〜6回程度、合計1000ml〜1400ml前後が目安となります。

ミルクの詳細はメーカーの推奨量を参考にしてくださいね。

離乳食をあげる時のコツは?

離乳食をスタートした時、私は3人とも抱っこで食べさせました。

おすわり可能なハイローチェアもありましたが、まだまだ腰が安定していないため体がずれてしまったり、赤ちゃんが顔を動かしたりするので、離乳食をあげにくかったです。

ママに抱っこされることで赤ちゃんも安心し、リラックスした雰囲気で離乳食を食べることができると思います。

また、嫌がったり泣き出したりした時は、潔く切り上げてしまいましょう。

生後5ヵ月は、食べることに慣れる時期なので、量はそこまで気にしなくても大丈夫です。

離乳食のかたさ、量は?

10倍粥のすりつぶしや、とろとろのペースト状のものが基本です。

中には、おかゆの中に残るつぶつぶを嫌がる赤ちゃんもいます。

(我が子たちは3人ともつぶつぶを嫌がり、おかゆも全てブレンダーでペースト状にしていました)

市販のベビーフードには、生後5ヵ月から食べられるものも多いので、それらを参考にしてみるのも良いでしょう。

離乳食の量は、小さじ1から始めます。1ヵ月間かけて、全体で小さじ10程度の量まで増やしていくのが目安です。

野菜やタンパク質を始めたら2〜3日に一度、新しい種類にトライしてみて下さい。

また、新しい食材に挑戦するときは、1日1種類にしましょう。

・1週目
おかゆ小さじ1〜3

2週目
おかゆ小さじ3〜4
野菜小さじ1

3週目
おかゆ小さじ3〜4
野菜小さじ1〜2
タンパク質小さじ1

4週目
おかゆ小さじ4〜6
野菜小さじ2〜3
タンパク質小さじ2〜3

生後5ヵ月の離乳食におすすめの食材

生後5ヵ月の赤ちゃんの離乳食は、味付けせずに、とろとろのペースト状が基本です。

ここでは、私もよく作った、比較的簡単に用意できる食材をご紹介します。

①ペースト状にしやすい野菜

じゃがいも・さつまいも・かぼちゃ

野菜は、皮を取り除き、小さく切ってフォークでつぶせる程度まで柔らかく煮たあと、すり鉢を使って水やお湯でのばしていくのが基本です。

味噌汁を作る時に一緒に煮て、柔らかくなったところで取り出すと大人の食事も同時に作れます。

また、少量の水をふりかけ電子レンジで加熱するのも簡単です。

果物なら、バナナ・メロン・桃などがすり鉢などでなめらかにしやすいですが、生後5ヵ月のうちはまだ与えなくて大丈夫。


子どもが食べることに慣れてきた6ヵ月~離乳食中期に少しずつ取り入れていきましょう。

②30秒で用意できるタンパク質

豆腐・きな粉

豆腐は柔らかいですが、意外とそのままでは食べにくいようです。

すり鉢を使うとあっという間になめらかになるので、ぜひひと手間加えてあげてください。

きな粉は、おかゆに混ぜていました。個包装になっているきな粉を購入すると便利です。

③裏技的に使えるタンパク質

ズバリ、お麩です。

そのまま味噌汁に入れられる、ひと口サイズの小さなお麩がおすすめ。お麩を直接ガリガリとすりおろします。

水分が多くて柔らかくなりすぎたペースト状の野菜やおかゆに少量混ぜると、かたさの調節もでき、一石二鳥です。

まとめ

生後5ヵ月は、赤ちゃんとの生活にも慣れてきた頃でしょう。

オムツ替えの時に思わずムチムチした手足を触ったり、目が合った時の笑顔に癒されたり、時には何をやっても泣きやんでくれず途方に暮れたりと、もうすっかり家族の一員となってきたと思います。

私は1人目の時、離乳食を食べてくれないことに落ち込んだり、夜中に作り置きを頑張りすぎたりなど、様々な失敗や苦労がありました。

今振り返ると離乳食が始まったばかりの頃は、赤ちゃんの食べる練習期間であると同時に、ママの作る練習期間でもあったなと思います。

赤ちゃんの好みを探りつつ、ぜひ新たな成長を家族で楽しんで、離乳食を進めていってくださいね。

リトル・ママ認定ライター MISAO

今月のプレゼント

★アンケート回答でプレゼントに応募できる!

応募締切:2020/11/9

今月のプレゼント

関連記事

今月のプレゼント

★アンケート回答でプレゼントに応募できる!

応募締切:2020/9/14

今月のプレゼント

リトル・ママ首都圏版

★首都圏を中心に幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ東海版

★東海エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ関西版

★関西エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ九州版

★九州エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!

リトル・ママ北九州版

★北九州エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)
ページ上部へ戻る

カテゴリー一覧