読み聞かせをサボりたい時に!? 短いけど面白い絵本

絵本の時間が義務になっては本末転倒

 絵本の読み聞かせは、決してながら作業ではできません。“腰を落ち着けて、子どもと一緒に絵本を開き、お母さんの声を通してその世界を楽しむ“それこそが読み聞かせの醍醐味。だからこそ絵本は、親子にとって最高のコミュニケーションツールとなるのだと思います。

 ですが、お母さんだって1人の人間。「今日はちょっと読み聞かせ、しんどいなぁ」なんて日もありますよね。コミュニケーションである読み聞かせが「義務」になってしまっては本末転倒。今回は、そんな時でも気楽に楽しめる絵本を集めてみました。

『ねこガム』

“きむら よしお/作

福音館書店

“クチャ クチャ プー”ふうせんガムを膨らませると、あれれ?出てきたものは…?こんなに短いのにとっても面白い!時間がない時、疲れている時でもこの一冊でお腹いっぱい楽しめちゃいます。こんな絵本なら子ども達の「もう一回!」にも、気軽に応えられそうです。

『月ようびはなにたべる? -アメリカのわらべうた』

エリック・カール/絵 もりひさし/訳

偕成社

うた絵本やわらべうた絵本は、短くても親子で楽しめる最適なジャンル。こちらは『はらぺこあおむし』の作者エリック・カールさんによるアメリカのわらべうた絵本です。美味しそうな食べ物が魅力的。何度も読んでいくうちにいつのまにか口ずさんでしまいます。お布団に寝転がって歌いながら読むのもいいですね♪

『ねこ・こども』

佐々木 マキ/作

福音館書店

短いけれどストーリーもある言葉遊びの絵本です。予想外な展開に短いながらも引き込まれます。佐々木マキさんの描く不思議な世界観と巧みな言葉遊びに、つい夢中に。読んだ後には、親子で言葉遊びを楽しんでみてください。

『ロージーのおさんぽ』

パット・ハッチンス/作 わたなべしげお/訳

偕成社

お散歩を楽しむめんどりのロージー。そんなロージーを狙っているキツネ。文字がほとんどない絵本ですが、スリル満点でおかしな物語が自然と絵から流れ出します。読み聞かせなきゃ!なんて肩肘を張らずとも、親子で笑いながら楽しめる一冊です。

『かぜビューン』

tupera tupera/作・絵

学研プラス

風がビューンと吹いたらどうなるかな?tupera tuperaさんらしい展開に思わず笑ってしまう仕掛け絵本。繰り返しなので、お母さんが疲れているときでも気楽に楽しめます。仕掛けの部分を子どもにめくらせてあげると、子ども達も大喜び間違いなし!

 絵本の読み聞かせを通して得ることのできる親子の時間は、確かにとてもステキなものです。でも何より大切なのは、お母さんも子どもも「楽しむ」ということ。


 「いい絵本を沢山読まなくちゃ!」なんて気負わずに、親も子もリラックスして楽しめる時間を、是非大切にして下さいね。

◆お話を伺ったのは

eアセット 7

谷口亜優美/ayumi

Instagramで人気の絵本講師。京都にて絵本のある子育てを楽しむ絵本講座「さんじのえほん。」を開催。2児のママ。

Instagram@ayutjin

Xmas特大プレゼント

★アンケート回答でプレゼントに応募できる!

応募締切:2020/12/9

Xmas特大プレゼント

関連記事

Xmas特大プレゼント

★アンケート回答でプレゼントに応募できる!

応募締切:2020/12/9

今月のプレゼント

リトル・ママ首都圏版

★首都圏を中心に幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ東海版

★東海エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ関西版

★関西エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ九州版

★九州エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!

リトル・ママ北九州版

★北九州エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

Xmas特大プレゼント

★アンケート回答でプレゼントに応募できる!

応募締切:2020/12/9

今月のプレゼント

ページ上部へ戻る

カテゴリー一覧