気になる紫外線。子どもにすべき対策とケアは?

Q.紫外線が気になります。子どもにすべき対策とケアは?(4才女の子のママ)

A.日焼け止めはSPF15以上を2度塗り。日焼けの後は冷やして。

取材協力:てらお皮ふ科・アレルギー科クリニック(福岡県福岡市城南区) 寺尾浩院長

曇りの日でも紫外線は強い

 近年、紫外線の浴びすぎによる健康被害が懸念されています。日焼け、しみ、しわだけでなく、将来皮膚ガンや白内障などを引き起こす場合もあるため、今では子どものころから紫外線対策を行うことが常識です。

 紫外線は4月~9月、10時~14時が最も強く、曇りの日でも晴天の約80%以上の紫外線が降り注いでいます。


 紫外線は、カルシウム代謝に重要な役割を果たすビタミンDを合成する手助けもしていて、害ばかりではありません。ただ、必要な日光浴は、例えば8月1日の昼間、雲が少しある晴れた日で約3分とごくわずか。真冬の1月1日でも、昼頃に顔と手程度を出している状態で約50分といわれています(東京都心の場合。環境保健マニュアル・環境省より)。

知っておきたい具体的な紫外線対策

 対策としては紫外線の多い時間帯の外出を避けるのが一番ですが、外出する際はサンスクリーン剤(日焼け止め)を塗るのが効果的。他にも、7センチ以上のツバがある帽子をかぶれば約60%紫外線をカットできます。また、白や淡い色の七分袖や襟付きの洋服などで服を守るのもおすすめ。日陰はひなたに比べて紫外線が約50%程度に減ります。長時間野外に出る時は、テントやパラソルなどを上手に活用しましょう。

日焼け止めの注意点
  • 日焼け止めはSPF15以上、PA++~+++
  • クリームタイプなら顔でパール大、液体なら1円玉を手のひらで延ばす
  • たっぷり均一に塗る
  • 同じ量で2度塗りする
  • 2~3時間おきに重ね塗りすると、より効果的

日焼けしたら、しっかり冷やして

 もし日焼けをしたら、まずシャワーや冷たいタオルなどでよく冷やしましょう。日焼けは軽いやけどのようなもの。皮膚が炎症を起こしてした状態ですので、まずはしっかりと冷やすこと。そして状況をよく見て、かゆい、痛い、赤くなる、水ぶくれになるなど異常が出た場合は、すぐに皮膚科専門医に受診を。特に紫外線に当たるとすぐに肌が真っ赤になり、黒くならないタイプのお子さんのケアは大切です。

(取材・文/佐藤理奈)

関連記事

リトル・ママ全国版

★全国の幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ福岡版

★九州エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!

リトル・ママ関西版

★関西エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!

リトル・ママ北九州版

★北九州エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!

今月のプレゼント

★アンケート回答でプレゼントに応募できる!

応募締切:2019/9/16

今月のプレゼント

ページ上部へ戻る