親子でコール&レスポンス!掛け合いが楽しい絵本

大切なのは親子で楽しめること

例年なら夏休みで子ども達もワクワクしている頃ですが、今年の夏はいつもとは少し違いますよね。夏休みが短くなったり、旅行やお出かけもいつもと同じ様にはできなかったり…。


おうちでの過ごし方がより重要視される中で、今回は親子で掛け合いを楽しめる絵本を選んでみました。

絵本の読み方やスタイルは、「こうするのがいい」と言われていることもありますが、明確なルールはありません。


何より大切なのは、親子で楽しめること。時には会話を挟みつつ、笑い合いながら、絵本時間を楽しんでくださいね。

『さわってごらん!ふしぎな ふしぎな まほうの木』

クリスティ・マシソン/作 大友 剛/訳

ひさかたチャイルド

絵本をゆすったり、こすったりしながら、まほうの木の変化を楽しめる参加型の絵本。絵に触れることを楽しむだけでなく、木の変化から季節の移ろいや命の尊さも感じることができます。

『どれがぼくかわかる?』

カーラ・カスキン/文・絵

与田静/訳

偕成社

「みんなのなかにぼくがいてもわかる?」ウィリアムはお母さんに問いかけます。2人の掛け合いで進んでいくお話を通して、「どんなあなたでも大好きよ」というお母さんの愛情が伝わる1冊。きっと子ども達も、自分と重ね合わせて安心感を得られることでしょう。

『どこにいるか わかるかな?』

ブリッタ・テッケントラップ/作 木坂 涼/訳

ポプラ社

カメや鳥など、沢山並んだ絵の中から、どこかにいるちょっぴり違う仲間を探していきます。美しいイラストもさることながら、詩人でもある木坂 涼さんの流れる様な文章が、読み手も心地よくさせてくれます。間違い探しの絵本は沢山ありますが、絵も文章も併せて楽しめる、質の高い1冊です。

『シモンのおとしもの』

バーバラ・マクリントック/作 福本友美子/訳

あすなろ書房

うっかりやのシモンは落し物をしてばかり。一緒に落し物を探しながら、パリの街並みも同時に楽しむことができます。セーヌ川、ポンヌフ、ルーブル美術館など、細かなところまで描き込まれた綺麗な絵はため息もの。大人も思わず見入ってしまいます。

『ぐるぐるカレー』

矢野アケミ/作

アリス館

ページをめくりながら、お鍋の中に具材を入れていき、ぐるぐる混ぜて美味しいカレーを作りましょう♪絵本を楽しんだあとは、きっと実際にカレーを作ってみたくなると思います。絵本から実体験へ。おうち時間が充実しそうですね。

なぞなぞえほん『なぞなぞのみせ』

石津ちひろ/なぞなぞ なかざわくみこ/絵

偕成社

文房具屋さん、時計屋さん、ドラッグストアなど、それぞれのお店にちなんだなぞなぞを楽しめる絵本です。「身近なお店にはどんな商品が売っているのかな?」「初めて出会うお店もあるかも?」。たくさん並んだ商品の中から答えを見つけるので、親子やきょうだいで競争しながら楽しめます。

◆お話を伺ったのは

eアセット 7

谷口亜優美/ayumi

Instagramで人気の絵本講師。京都にて絵本のある子育てを楽しむ絵本講座「さんじのえほん。」を開催。2児のママ。

Instagram@ayutjin

今月のプレゼント

★アンケート回答でプレゼントに応募できる!

応募締切:2020/9/14

今月のプレゼント

関連記事

今月のプレゼント

★アンケート回答でプレゼントに応募できる!

応募締切:2020/9/14

今月のプレゼント

リトル・ママ首都圏版

★首都圏を中心に幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ東海版

★東海エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ関西版

★関西エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ九州版

★九州エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!

リトル・ママ北九州版

★北九州エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)
ページ上部へ戻る

カテゴリー一覧