アプリならもっと簡単に子育て情報を探せる!

新生児のおへそのお手入れ方法は? へその緒が取れる時期と管理方法

まだへその緒がついたままの新生児のおへそ。一体どうやってお手入れしたらいいのか、いつごろへその緒がとれるのか、心配になる人もいると思います。
今回は、新生児のへその緒が取れる時期と管理方法、おへその手入れについて説明します。

へその緒とは、赤ちゃんがママのおなかの中にいたときに、ママの胎盤と赤ちゃんのおへそを繋いでいたものです。

 

ひも状の形をしているへその緒は、臨月近い赤ちゃんの場合50から60cmあると言われています。へその緒の内部の組織の中には血管があり、ママから酸素や栄養を赤ちゃんに運んであげるとともに、赤ちゃんが排出した炭素ガスや老廃物をママの体に運ぶという役割を果たしています。

 

へその緒を通じてママから酸素と栄養が供給されているから、赤ちゃんは呼吸も食事もせずに羊水の中で過ごせるんですね。

 

新生児のお腹にはまだへその緒がついており、そのへその緒が落ちた部分がおへそになります。

 

へその緒は、赤ちゃんが産まれた後すぐに切り落とされますが、根本の部分は新生児のおへその部分に残ります。産まれてから数日がたち、へその緒が乾いていくと、へその緒はあずき1粒くらいまで縮み、その後ポロッと取れます。


取れるタイミングは赤ちゃんによって違いますが、目安として生後1〜2週間ぐらいで取れることが多いようです。(1~2週間をすぎてもへその緒が残っている…という場合も、引っ張ったりするのはやめましょう)

新生児のおへそ、お手入れは必要?

基本的には、へその緒が取れるまでは毎日消毒のお手入れが必要です。退院前に出産した病院で指示があることが多いと思いますが、へその緒が取れた後もおへそのお手入れを続けたほうが良いでしょう。

 

いつまで続けたらいいのかな? と迷ったときには、検診のときにお医者さんに相談してみましょう。

新生児のおへそのお手入れ方法

へその緒がついているとき

病院でおへそのケアセットをもらった場合はそれを使いましょう。もしくは、市販のアルコール消毒薬と綿棒でも充分にお手入れできます
へその緒をそっと持ち上げ、綿棒でへその緒の根本の部分を一周します。へその緒が取れかけのときは、根本の部分から汁がでてじゅくじゅくしたり、血がにじむこともありますが、その場合も消毒を続けることにより細菌感染を防ぐことができます。
毎日1回、沐浴のあとに消毒してあげましょう。

 

へその緒が取れたあと

へその緒が取れた後しばらくも、おへそがじゅくじゅくしていることがあります。とくに、取れた直後はじゅくじゅくしていることが多いので、おへそが乾燥してくるまで毎日1回消毒を続けましょう。心配なことがあるときには、お医者さんに相談するのがよいでしょう。

こんな時には早めに産科や小児科へ相談を!

おへそがいつまでもじゅくじゅくしている

何らかの細菌に感染している可能性もありますので、悪化させないためにも早めに病院に相談しましょう。同様に、おへその周りの赤みがいつまでも続く場合も注意が必要です。

 

臭いが強くなる・膿や血が出ている

雑菌がおへその周りで増殖していると嫌な臭いが強くなることもあります。いつもと違う臭いが気になるときには病院に相談しましょう。
また、へその緒のお手入れ中に出血したり、膿が出ている場合も、雑菌の感染や他の病気の可能性があります。早めに病院を受診するようにしましょう。

 

へその緒が取れたあとも傷が閉じない

へその緒が取れるとへその緒が通っていた穴はすぐに閉じることがほとんどですが、稀にいつまでも閉じないことがあります。臍ヘルニア(でべそ)の原因になるため、受診して相談をするのが安心です。

取れたへその緒はどうしてる? へその緒の保管方法

へその緒を保管したい場合、最も大切なのは、しっかりと乾燥させることです。湿り気が残っていると、カビや腐敗の原因となります。ガーゼ等に包んで、通気の良い場所におきましょう。完全に乾燥させたあと、ガーゼ等に包んだまま箱にしまいます。
赤ちゃんを生んだ病院や産院で桐の箱をもらった場合は、その桐箱にしまうのが良いでしょう。桐箱は、湿度によって膨張したり通気をしたりする性質があり、それにより箱の中の湿度が一定に保たれやすく、カビが生じにくいそうです。また、桐はタンニンなどの成分を含んでいるため、防虫作用があると言われています。

 

一生懸命お世話したあとにポロッと取れるへその緒、お腹の中でママと繋がっていた証でもあり、とても愛しいものですよね。是非、大切に保管してくださいね。最近は、桐の箱以外にも、へその緒用の保存容器が販売されています。好みの箱に、病院でつけていたリストバンドや、初めて切った髪の毛など、思い出が詰まったものと一緒に入れて保管するのもよいでしょう。


へその緒は、乾かして箱に入れたあとも、カビないように湿気の少ない場所に保管するなどの工夫をしましょう。赤ちゃんが大きくなってきたときに見せてあげたり、成人したときにプレゼントするのも素敵ですね。

へその緒を処分したい場合

保管するのはちょっと…と思う場合は、処分することもできます。赤ちゃんを生んだ病院で引き取ってもらう、お寺や神社でお焚き上げをしてもらう、あとは可燃ごみに出すこともできます。人によっては、自分でずっと持っていて、自分のお葬式のときに棺に入れてもらって一緒に火葬するということもあるのだとか。
へその緒に対する思いは人それぞれ。家族の考えにあった処分方法を選ぶとよいでしょう。

へその緒の歴史や、諸外国との比較

日本の各地に、へその緒にまつわる言い伝えが残されています。


地域によっては、子どもが重い病気になったときに、その子のへその緒を煎じて飲ませる…などのおまじないもあったそうです。ママと赤ちゃんをつなぐ神秘的なへその緒は、昔から生命力のシンボルとみなされていたのですね。


ちなみに他の国では、こんなにへその緒を大切にする習慣は、あまり見られないそうです。海外で出産する予定がある方で「へその緒をとっておきたい!」という希望がある場合は、事前に伝えておいたほうがよいでしょう。

さい帯血バンクについて

さい帯血(さいたいけつ)とは、へその緒の中を流れる血液のこと。へその緒や胎盤に含まれている、赤ちゃん自身の血液です。


この血液には、血液の元になる細胞がたくさん含まれており、白血病や再生不良性貧血などの病気に苦しむ患者さんの「血液をつくる力」を回復させることができます。
公的さい帯血バンクと提携している産院で出産する場合には、へその緒と胎盤からさい帯血を提供することができます。

まとめ

ママのお腹の中にいたときには、ママと赤ちゃんと繋いでいたへその緒。産まれたあとにその役割を終えますが、新生児のおへそにはまだへその緒が残っていますので、毎日1回消毒してあげましょう。

 

へその緒は、生後1~2週間くらいで取れることが多いです。へその緒が取れたあとも赤ちゃんのおへその消毒は続け、しっかりと乾燥させることが大切です。ぐじゅぐじゅしている等、おへその状態で気になることがある場合には、かかりつけの小児科や産院に相談してみてくださいね。

 

へその緒は、上手に乾燥させて保管できれば素敵ですが、新生児のお世話に必死になっているとそれどころではない場合もあるかもしれません。乾燥させてちゃんと置いておいたつもりでも、気付いたらどこかにいってしまった…ということもあるでしょう。その場合も、自分を責めたりしないでくださいね。思い出になることは、これからもたくさんあります。

ライター 星まさよ

関連記事

リトル・ママフェスタ

リトル・ママ限定キャンペーン

毎月当たるプレゼント

★アンケート回答でプレゼントに応募できる!

プレゼント一覧はこちら

育児情報誌

全国の幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー「Little mama」
ページ上部へ戻る

カテゴリー一覧