アプリならもっと簡単に子育て情報を探せる!

ある日突然、ママが病気になったら【多発性骨髄腫 がん闘病コラム】Vol.3

 肋骨の骨折がきっかけで、“血液のがん”が発覚したタレントのえみりィーさん。家族や友達に支えられながら病気と向き合う日々のことを不定期で連載中。今回は治療についてのお話です。

えみりィー ● 熊本・福岡で活躍するタレントで3人の子どもを育てるママ。2019年6月に「多発性骨髄腫(血液のがん)」と診断、翌年1月に自家末梢血幹細胞移植。ブログやSNSにて闘病や育児の様子を公開。出身地・芦北町の「あしきた親善大使」としても活動中。
Instagram:@emily.0206

病気と向き合ってみる

 時間があると病気のことばかり考えてしまうため、告知された翌日から仕事に行きました。でも、私以上に落ち込んでいる夫や子ども達のためにも病状をちゃんと聞こうと思い「私の余命は?下の子のランドセル姿は見られますか?」と先生に尋ねると「大丈夫ですよ。治療効果が期待できる病気なので、まずは移植を頑張りましょう」と言ってくださり、その言葉がとても励みになりました。そして、先生を信じて治療を開始することになったのです。


 「多発性骨髄腫」は”がん“の中でも進行が遅く、治療方法が注目されているので、次々と新薬が開発されているそうです。自分の元気な細胞を取り出して移植する「自家末梢血幹細胞移植」を受ければ、2年くらいは病状が落ち着き、2年後に新薬、5年後には完治する薬ができている可能性もあると知りました。

今日も天気になぁれ お守り
入院時に友人やお仕事関係の方から頂いた御守りです

治療と移植手術に向けて

 6月に”がん“が見つかってすぐに抗がん剤治療がスタート。すると、身体の痛みは減少したのですが、副作用で息切れやむくみ、便秘になり、体重も5㎏ほど増えました。そして、10月に自分の元気な「末梢血幹細胞」を採取して、それを11月に戻すはずだったのが、直前に問題発生。それまで落ち着いていた血液の数値が悪化し、抗がん剤を変更することになったのです。


 ちょうどわが家は次男の七五三を控えていたので、11月は新しい抗がん剤のための検査入院だけにして、移植手術は年明けに変更。移植をすると体力が落ちてしまうため、クリスマスや年末年始を元気に家族と過ごせるようにという、先生や病院側の心遣いでもありました。

今日も天気になぁれ 七五三
今日も天気になぁれ 誕生日
七五三のお参りや誕生日のお祝いも無事にできました

今日も天気になぁれ えみリィ

次回は入院中の様子について お話しします。

関連記事

毎月当たるプレゼント

★アンケート回答でプレゼントに応募できる!

プレゼント一覧はこちら

リトル・ママ九州版

★九州エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!

リトル・ママ首都圏版

★首都圏を中心に幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ東海版

★東海エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ関西版

★関西エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ北九州版

★北九州エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)
ページ上部へ戻る

カテゴリー一覧