知ることで、未来が開ける 発達障がいの話

診断を受ける前に知っておきたいママの心の変化

不安期「もしかして…?」
否定期「そんなはずはない!」
診断
取引期「私が頑張れば!」
※「頑張れば何とかなる」と療育を頑張りすぎるなど

※この時期にうつ状態になる人も

受容

それぞれを行ったり来たりして、悩みながらも受け入れていく方が多いです。同じく障がいの子を持つお母さんと話すことで希望を見出す方も多いので、私たちのクリニックでは「お母さんの会」を作り、交流の場を設けています。

また、お母さんだけが抱え込まずに、夫婦で取り組むことが大切です。その場合、お父さんに突然伝えて、「そんなわけない」と否定されるケースがよくあるため、事前に「もしかして…」と話題にして心の準備の時間をおくといいかもしれません。

発達障がいの子のママへの声かけは?

他のママから、「子どもが発達障がい」と打ち明けられた。
そんな場合は、どう声をかければいいのでしょうか?ケースに合わせて教えてもらいました。

これから仲良くなるママ

きっと、「迷惑をかけることもあるかもしれないけど」と、トラブルになる前に伝えているのではないでしょうか?

そうなのね、何かできることはある?
どんなところに気をつければいい?

子どものことに興味を持って聞いてくれた、と嬉しく感じるはずです。

親しいママ友

△「大丈夫よ」
△「うちの子もこうよ」
△「子どもにレッテルを貼らずに信じてあげて」

これらの言葉は、打ち明けられた側が反応に困って言ってしまいがち。ですが、ママ友は「受け止めてくれなかったのかも?」と戸惑うかもしれません。

どんなお手伝いができるかな?
教えてくれてありがとう。

打ち明けたのには、必ず何か理由があります。ママ友自身が苦しくて、あなたと分かち合いたいのかもしれませんし、まず聞くことでママ友も安心して話せると思いますよ。

診断を受けるか相談されたら

まだ診断を受けていないママ友に「うちの子、もしかして…」と相談された時ですが、「そう思う」とも「違う」とも言いにくく、どう言ってほしいか分からない状況ですね。

園(学校など)での様子も確認してみたら?
どうだろうね。不安だったら、相談してみてもいいかもね。

など、優しく受け止めてあげてはいかがでしょうか?

固定ページ:
1

2

3

関連記事

リトル・ママ首都圏版

★首都圏を中心に幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ東海版

★東海エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ関西版

★関西エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ九州版

★九州エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!

リトル・ママ北九州版

★北九州エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

今月のプレゼント

★アンケート回答でプレゼントに応募できる!

応募締切:2020/6/28

今月のプレゼント

ページ上部へ戻る