怒涛の展開で話題のドラマ『M 愛すべき人がいて』マネージャー役の河北麻友子さんインタビュー!

5月9日開催の「リトル・ママ オンラインフェスタ」に、ゲストとして登場いただいた河北麻友子さん。河北さんと言えば、いま大反響のドラマ『M 愛すべき人がいて』(毎週土曜夜11:15~0:05、テレビ朝日系)に主人公・アユのマネージャー役として出演中。ドラマの撮影裏話や家族のことなど、フェスタ出演終了後に語ってくれました。

ドラマ「M 愛すべき人がいて」の撮影秘話について

――歌姫・浜崎あゆみさんの誕生秘話をモデルに描いた原作をドラマ化した作品ですが、出演が決まったときの感想を教えてください。
小さい頃からずっと見ていて、憧れだった浜崎あゆみさん。今回の作品に関わらせていただけるなんて、とてもうれしかったです。出演する側ですが、「原作をどんな風に描いていくんだろう?」と私自身が興味津々で、一視聴者のようにワクワクしています。
――鈴木おさむさんの脚本で、派手な演出が話題になっていますが、役作りなどどう取り組んでいますか?
ドラマの登場人物は強烈なキャラクターばかりで、演出もド派手なんですけど、私は唯一普通の役なんです。アユのマネージャー役として、まじめにマネージャー業に励んでいるので、箸休めくらいの感じで見ていただければと(笑)。役作りは、仕事ではいつもマネージャーさんと一緒に行動しているので、現場での動きなど参考にさせてもらっています。
――キャスト陣も豪華ですよね。なかでも主演の三浦翔平さんは、親友・桐谷美玲さんの旦那さんでもありますが、河北さんとは初共演になるのでしょうか?
翔平さんとは、バラエティ番組では共演したことがありますが、ドラマでは初めてです。親友の旦那さんなので、プライベートで会うこともありますし、勝手に家族みたいに思っているから、そんな人の前で演じるのが最初は恥ずかしくて…(笑)。へんな緊張感がありましたけど、でももう慣れましたね。主演の翔平さんが、現場を盛り上げながら引っ張ってくれています。
――ドラマの中で、三浦翔平さんとの絡みはどんな感じなのでしょうか?
カリスマプロデューサー・マックスマサを演じる翔平さんは、私の直属の上司にあたるので、ドラマの中では翔平さんにはずっと怒られっぱなし…。私が演じる野島美香は、ビクビクしながら、でもなんとか頑張っています!(笑)
――現場の雰囲気はどうですか?
1990年代を設定に振り切った華美な演出なので、現場はテストのときから、出演者もスタッフも笑ってしまうことが多くて(笑)。特に高嶋政伸さんは、なりきり感がすごいので、本番中は笑いを堪えるのに必死。カットがかかった瞬間に、大爆笑しています。監督さんも、わざと長回しとかするんですよ。誰かが間違えたり、私も吹き出しちゃったりで、「じゃ、カット」なんてことはよくあります。今回ドラマ初出演でアユ役の安斉かれんちゃんも、いつも明るくて笑顔なので、とにかく笑いの絶えない楽しい現場です。
――ドラマの見どころを教えてください。
まだまだすごい展開がたくさん待っています。怪演ぶりが注目されている田中みな実さんも、もっともっと大変なことになりますよ(笑)。第3話以降、少しずつ“チームアユ”ができ上がり、私もその一員のマネージャーとして頑張っていますので、ぜひ楽しんでいただけたらうれしいです。

どんなママになりたい?理想の家族とは?

――実は河北さん、子どもが大好きと伺いました。
はい、子どもは大好きです!いま、おうち時間が長いので、SNSをよく見ているんですけど、赤ちゃんの動画や写真にいつも癒されています。ニューヨークにいる従妹のベイビーが1年半くらい前に生まれたので、写真を送ってもらうのも楽しみのひとつですね。

――もし家族を持つとしたら子どもは何人くらいほしいですか?

3人兄弟なので、3人はほしいなって思います。例えば喧嘩したときに、2人だとそのまま距離ができてしまいそうだけど、3人いれば誰かが冷静になって間に入ってくれると思うんです。子どもが大好きなのでやっぱり理想は3人以上ですね。

――河北さんにとって、家族とはどんな存在ですか?
いま28才ですが、こんな家族いないよって言うくらい、仲良し家族なんです。この自粛期間中も、週に2回くらいは家族全員でテレビ電話するくらい(笑)。「家族全員でご飯を食べる」「年に1回は家族旅行をする」など、小さい頃からダディがファミリールールを作っていたこともあって、遠く離れていても大人になったいまでも、コミュニケーションはよくとっています。友達と遊びたいのに面倒くさいなぁ、なんて思った時期もあったんですけど、未だに何かあったらまず家族に連絡しますし、そういう家族がいるからこそ、私も頑張っていられるんだなって思います。
――理想の家族像は?
私がママになったとしたら、子どもが安心して相談できるような環境をパパと一緒に作っていきたいです。私自身、大人になったからこそ、家族の大切さがわかるようになりました。仲良しで、たくさんの時間を一緒に過ごせるような家族が理想です。

5/9の「リトル・ママ オンラインフェスタ」では、親子で取り組みやすい英語レッスンもしてくださった河北さん。その美しさに進行役を務めたリトル・ママの森代表取締役(写真右)も顔が緩みっぱなしでした(笑)

取材・文・撮影/門司智子

◆衣装/ミュラーオブヨシオクボ(ワンピース、長袖カットソー)03-3794-4037/e.m. 表参道店(アクセサリー)03-5785-0760/DIANA(ミュール)銀座本店 03-3573-4005

IMG_6811_2
IMG_6833_1
IMG_6834_2

関連記事

リトル・ママ首都圏版

★首都圏を中心に幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ東海版

★東海エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ関西版

★関西エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ九州版

★九州エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!

リトル・ママ北九州版

★北九州エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

今月のプレゼント

★アンケート回答でプレゼントに応募できる!

応募締切:2020/6/28

今月のプレゼント

ページ上部へ戻る