アプリならもっと簡単に子育て情報を探せる!

食器の共有でむし歯がうつる?の新事実【ドクターコラム】

“大人と食器を共有することで、子どもにむし歯菌がうつる”という定説は本当!?最近の研究で明らかになったという新事実を、福岡の小児歯科医院「医療法人 元気が湧く 子どもの歯科」の近藤嘉人先生が教えてくれました。

「そうなんですね。ホッとしました!」私の説明を聞かれた後のママの言葉です。

 

2才の男の子。奥歯がむし歯になったのではと気になって以来、定期的にフッ素をしています。歯科衛生士がおこなっている間にママから質問がありました。「大人が使う食器を子どもに使わなかったら、むし歯にならないんですか?」。つい同じスプーンやコップを使ってしまうことがあり、パパの家族から注意されたとのこと。

 

私は「むし歯の原因菌は子どもの口の中にいて、食器だけがむし歯の原因ではないそうですよ」と説明しました。

むし歯菌はいつ、どうやって感染する?

先日、日本口腔衛生学会から食器の共有について意見書が出されました。最近の研究で、生後4ヵ月に母親の口腔細菌が子どもの口の中に見つかることが確認され、食器を使用するようになる離乳食の開始(生後5〜6ヵ月)より前に感染しているため「日々のスキンシップを通して子どもは親の唾液に接触するので、食器の共有を避けるなどの方法で口腔内細菌の感染を防ぐことを気にしすぎる必要はない」としています。

大人と同じ食器を避けることに効果はあるの?

さらに意見書は、食器の共有を避けることがむし歯予防に効果があるのかも記しています。むし歯に関連する複数の要因を調べた日本の研究では、3才児において親との食器共有とむし歯との関連性は認められず「食器の共有に気を付けていても、子どものむし歯に差はなかった」と記されています。

では、どうすればいいの?

おもちゃを舐めるなど、子どもの口の中に細菌が入るのは、どうしても避けられません。ですが、むし歯の原因菌が感染したら必ずむし歯が発症するわけでもありません。

 

歯磨きや食後にゆすいで口の中を清潔に保ち、糖分の多い飲料をだらだらと飲ませないなど、菌が悪さをしないように気をつければ、むし歯はできません。むし歯が「感染症」ではなく「生活習慣病」とされる理由です。

 

また、フッ素も有効です。先の意見書にも「フッ化物の利用は、多くの論文でむし歯予防効果が確認されている方法です」と勧められています。

スキンシップは大事

例えば子どもの顔に近づいて話しかけると親の唾液が入りやすくなりますが、だからといって控える必要はありません。最近では親の唾液接触が子どものアレルギーを予防する可能性が報告されました。親の唾液が子どもを守ることもあるのです。

 

フッ素のあと「なによりお子さんとの触れ合いを大切にしてください」とお話ししました。

お話を聞いたのは

医療法人 元気が湧く こどもの歯科
近藤嘉人先生

福岡市南区大橋3-1-1 大橋プラザ2F

http://kodomonoshika.com/

関連記事

リトル・ママフェスタ

リトル・ママからのお知らせ

リトル・ママコミュニティビジネススクール

毎月当たるプレゼント

毎月あたる 頑張るママに読者プレゼント

★アンケート回答でプレゼントに応募できる!

プレゼント一覧はこちら

育児情報誌

育児情報フリーペーパー
全国の幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー「Little mama」
ページ上部へ戻る

カテゴリー一覧