子どもの耳そうじはした方がいい?する場合は月に何回?

Q.子どもの耳そうじは、した方がいいですか? するとしたら頻度は?(2才男の子のママ)

A.自宅では月2回が目安。入り口付近を綿棒で優しくふき取るだけでOK

取材協力:みみ・はな・のど せがわクリニック 若久通り院(福岡県福岡市南区) 清原英之院長

そもそも耳垢はなぜできる?

 耳垢とは、耳の入り口から鼓膜までの外耳道(がいじどう)と呼ばれる部分に溜まる垢のこと。新陳代謝によって剥がれ落ちた皮膚や外部からのほこり、皮膚から分泌される皮脂などが固まってできたものです。


 耳垢の種類は大きく2つに分けられ、サラッと乾燥した乾性耳垢(かんせいじこう)としっとりと粘り気のある湿性耳垢(しっせいじこう)があります。遺伝の影響が大きく、日本人の約8割は乾性耳垢と言われています。

自宅での正しいケアは

 耳垢の自宅でのケアは、以下の点に注意しましょう。

■入り口から1cm以上奥に入れない

 耳の入り口から粘膜までの長さは3cm程度しかないので、奥へ入れすぎないように気を付けること。皮脂が分泌される皮脂腺は入口から1cmくらいのところにあり、それより奥に耳垢が作られることはありません。もし、奥にあるとしたら、子どもが触るなどして入り込んだものなので、耳鼻科で取ってもらいましょう。


■力を入れずに優しく

柔らかい綿棒を使って、入り口付近を一周回すようにして、掻き出します。耳の皮膚はとてもデリケートなので力を入れずに、優しくすること。乾いた耳垢の人は、綿棒の先にオイルなどを付けると、より取りやすくなるでしょう。タイミングは、皮膚がふやけているお風呂上りがおすすめです。

3ヵ月~半年に1回は耳鼻科でケアを

 もともと耳には自浄作用があり、耳垢は自然と外に出てくるので、家庭での除去は必要ない、という意見もあります。しかし、耳垢でふさがれると聞こえが悪くなったり、発熱などの症状が出たときに鼓膜が見えず、子どもに多い中耳炎などの診断もできなくなったりします。家庭でも、月に2回~週1回程度を目安にケアしましょう。

 ただし、耳の皮膚は非常に薄くデリケートなため、やり過ぎるのは禁物。耳の通り道が傷つけられて炎症を起こす外耳道炎になることも。自宅でのケアには限界がありますので、3ヵ月~半年に一回は耳鼻科でお手入れをするといいでしょう。

(取材・文/門司智子

関連記事

リトル・ママ全国版

★全国の幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!(PDF)

リトル・ママ福岡版

★九州エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!

リトル・ママ関西版

★関西エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!

リトル・ママ北九州版

★北九州エリアの幼稚園・保育園等で配布する育児情報フリーペーパー!

今月のプレゼント

★アンケート回答でプレゼントに応募できる!

応募締切:2019/9/16

今月のプレゼント

ページ上部へ戻る